So-net無料ブログ作成
検索選択
つぶやき ブログトップ
前の5件 | -

リンパマッサージ虎の巻、これは無料で提供するかどうか悩む【ペットマッサージ】 [つぶやき]

IMG_5641a.jpg

ペットリンパマッサージ虎の巻(南箱根サロンあかね作)を作ってみました。


完成〜!

南箱根サロンあかね作「ペットリンパマッサージ虎の巻」を作ってみました。

私のペットマッサージの大きな柱は
「飼い主さんがマッサージしてくださいね!」
なのです。

で、施術のときにお教えしても結構忘れてしまったりしまう場合があるので、
基本中の基本で何か作っておいたほうがいいな、、、と考え、動画とか写真とかノウハウを時々SNSにアップしたりしてましたが、今回虎の巻を作ってみました。

マッサージをさせて頂いた飼い主さんにお渡しするものであり、今後は他のマッサージの虎の巻とか、いろいろなケア、食事のこととかを作っていこうかな、、、と思ってます。

で、これは南箱根サロンでお申込みをされた方、、、へのサービスでありますが、、、

この虎の巻を見てくださって、
「欲しいな」
「うちの子にやってみたいな」
という気持ちが芽生えてくださった飼い主さんにご提供した方がいいのかな?

と、悩む。

実際、この虎の巻だけでは説明不足であって、会ってマッサージして、その子にあった細かいところを説明、補足させてるんだけど、、、

「やりたいな」という気持ちを大切にしてもらいたい、、、、んだよね。

IMG_5636a.jpg

「そんなケチケチケチん坊なんかちないで、とっとと公開ちちゃったら?」


確かに、、、うみちゃんの言う通りかもしれないよね。
減るもんじゃないし、この虎の巻でマッサージしてくれる飼い主さんが増えてくれたら嬉しいよね。


まあ、そーゆー方向になるかもしれないので、どーゆー風に公開するか考えてからまたご報告します。(PDFダウンロードにするか、郵送するか、、、)


nice!(1)  コメント(0) 

ペットも同じ!足の指先を強くしよう!【リフレクソロジー四コマ漫画】 [つぶやき]

170207a_edited-1.jpg


170207b_edited-1.jpg


170207c_edited-1.jpg


170207d_edited-1.jpg


3コマ目、4コマ目のところが重要ですので補足します。

足の重心が偏っていたり、バランスが崩れていたりすると、こうしてちょっとの力でグラグラって体が倒れてしまったりするんですよね。

まあ、こんな大きな力が加わることはめったにないけど、歩いていたりするだけでも、じわじわじわじわと力がかかり、それを「倒れないように」するために、他の筋力に負担がかかります。

例えばふくらはぎや太ももの外側が固かったり、張っていたりすると、そこの筋肉が頑張りすぎていたりするんですよね。
また下半身に脂肪がつきやすい方は、そんな頑張りすぎている筋力を補うために脂肪チームがガンガン助けにいくって訳で、、、

それでもバランスがまだうまく保てないと、今度は骨盤、腰に負担がかかり腰痛やギックリ腰になりやすくなったりして、

そして今度は背中になり、前に丸まったり、そり腰になったり、

んで、今度は肩に来て、猫背になって肩こりになったり

んで、首が痛くなって、実は頭痛は「足から来てる」と繋がったりするんです。

だからパーツパーツとして考えず、足の専門家からみると「足から来てたりするんですよ」と言ってます。


ではどうしたら良いか、、というと、本当に足の先端の先端「指先(爪の先までだよ)」に力をつけることなんですよね。

まずは刺激からでも良いです。爪先をツンツンやグイグイしても良いし、、、
タオルを下に敷いて、それを指先で手繰り寄せる「タオルギャザー」というのもすっごく良い体操となります。
(手繰り寄せて、最後は足の指でつまんで持ち上げる、、、ってな流れ、出来そうでできないですよね)

是非大人だけでもなく、親御さんはお子さんと一緒に遊びながら、足の指先を強くしてほしいな、、、って思いました。

そしてね、、、これワンコも絶対共通すると思うんだよね!
ワンコたちに「タオルギャザー」はできないけれど、「肉球マッサージ」はすっごく良いと私は思います。

なので飼い主さんも是非愛するペットたちに肉球モミモミをしてみては如何でしょう?

nice!(2)  コメント(0) 

タバコの煙は…【ペットイラスト】 [つぶやき]

昔に比べたら公共の場でのタバコのマナーがきちっとなってきましたよね〜。喫煙所、禁煙席とかはもう当たり前の世の中。タバコの煙がダメな私としては嬉しい事(昔吸ってたのにね・苦笑)。

しかし「規制が緩いところ」では空気が黙々真っ白状態。

そんな中にペットがいたら、、、って思いまして、こんなイラストを描いてみました。

160820タバコの煙ポスター.jpg


ちょっとホリスティック医療のペットの本を読んでいたら、発がん性があるタバコの煙はペット(特に猫)の毛にくっついてしまい、猫は毛づくろいで舐める習性から、(毛についてタバコの煙の成分をなめてしまい)発がん性になりやすい、、と書いてありました。。

げげ!そーなんですか!?

なので、タバコを吸う方へのお願い。
マナーは人間だけでなく、ペットにもお気遣いくださいね!

nice!(1)  コメント(0) 

【あなたはペットへ投与する薬の副作用を調べてますか?】耳のトラブルからマリンへのトラブルへ [つぶやき]

薬は怖いです。できるだけ薬には頼らず、自分自身への自然治癒力で体を回復しょうと心がけておりますが、薬は100%使わないとは言ってません。

今回のマリうみの耳は点耳薬を使用することにしました。

せっかく外に出そうとしているのを蓋をする、、という気持ちで心苦しい、、。
しかし家族で話し合った結果、少しの間だけ、、、と判断しました。

たった点耳薬だけど、何も考えずチャッチャと与えず、他の選択も考え、そして家族で考えて判断するくらい薬は慎重に考えております。


で、その薬はどんな副作用があるか、、、人間でもペットでも調べるように心がけてます。

私やうちの子、家族に限って副作用なんて、、、そんなことはない、、、と思いがちだけど、症例はあるんですよね。
「もしかしたらこのような症状が出てくるかもしれない」というのを前もって知っておくというのは大事ではないかな?

最近はネットで調べればすぐに製品紹介、取説、副作用一覧が出ますからね。

で、マリうみの点耳薬(実は薬は調合されて、別の容器で入ってくるので、その薬名はわからないんですよね。聞くのを忘れてしまったので、多分これではないか?)を調べてみました。


その副作用の一例です(ネットから引用させて頂きました)。


こちれは長期間使用した場合での副作用です。


長期連用により、、、
ざ瘡様発疹、酒さ様皮膚炎・ステロイド皮膚(皮膚萎縮、ステロイド潮紅・毛細血管拡張、紫斑)、多毛、色素脱失等が報告がある

ときに接触性皮膚炎、皮膚乾燥、まれに掻痒が報告がある

高齢犬で一過性の聴覚障害が起こる

皮膚からの吸収が悪いものの、面積の大きな創面、火傷、皮膚損傷に対し、特に腎臓の機能不全がある場合に長期間外用塗布すると中毒を発現

下垂体・副腎皮質機能の抑制を来す

クッシング症候群

7日間を超えて投与した際に、創傷治癒遅延が発現したとの報告がある


こ、こ、こんなに症例があるんだ、、、たかが点耳薬なのに、、、、
皮膚だから平気なんでは?って安易もおもわず、皮膚だからこそ(溜まってしまって)排出しにくいんです(経皮毒と少し似ているところはあります)。

たかが耳なのに腎臓に負担がかかる、、、

だからこそ腎臓(体のフィルターの役目ですね)は元気でいなくてはいけないのです。

怖いな、本当に怖くなってきます。だったら体に優しいものでなんとか対応したいと思っちゃう。

これを踏まえて薬を使う覚悟を持とうと思います。
そしてそれ以外の選択を調べるアンテナは広げたいな、、、って思いました。


で、そんなことやってるうちに、、、

やっぱりね、、、出たんですよ。



はい、病院に行った後、ふとマリンの顔をみたら、左頬がぷっくり腫れてました、、、

あ、出ちゃったな、、、毎度毎度ほっぺの腫れ


原因は歯周病によって、歯と歯茎の間にできた歯周ポケットやグラグラした歯の間から菌が潜入し、ほっぺが炎症してしまったということです。

ーが、これ悪いことをして考えず、菌が脳や全身に行かないように、ほっぺが腫れて「阻止」しているんです。

マリンのほっぺが今頑張って戦ってるってことです。



「またか、、」、、、、と思ったの同時に「このタイミングでか、、、」と思いました。

左耳が悪く、そして左頬が腫れた、、、、
まさに繋がってる、、、って思いました。

これ、サインなのかな、、、

なのでマリンは薬はやめます。
今、パワーを薬を投与した時の解毒に使わず、ほっぺの炎症の方に力を注いでもらおうと思います。

ちょうど耳の方も回復してましたので、もう薬はやりませんが、アロマのお耳ローションとジェルは続けて点耳してみようと思います。


そして高齢犬のマリンにはこの状況に耐えてもらうように体でいてもらわないと、、、





ええ、生活はいつも通りですよ。
ここで躍起になって私があれこれ、アタフタはしません。それが全てマリうみに伝わってしまいますから、、、

すでにお耳のケアをする時、マリうみはすごく嫌がっています。それだけでストレスですもんね。
だからその時だけはちょっと我慢してもらうけど、それ以外はいつも通りの私でいることにしてます。

彼らはいつもの生活が一番落ち着くのですから、、、

ただいつも通りに接してるけど、食事とか環境でも微調整、そして体のチェックはこまめに。

そんなチェックで一番はマッサージです。
毎日触れながら、癒されながら、マリうみの体の変化を「手」と「目」と「感覚」でキャッチします。






nice!(1)  コメント(0) 

【マリうみが元気なのが何よりも証拠】と言ってくれて嬉しいな [つぶやき]

IMG_3295a.jpg


小さい頃はセキセイインコとか十姉妹を沢山育ててまして(何回も繁殖してたわ)、団地だったのでワンコやニャンコを飼うことできませんでした。

で、団地から一軒家に引っ越した瞬間にパグちゃんを飼うことに。
その歴史が約5年くらいかなお嫁にいったので、パグちゃんは母の子として溺愛されてこの世を去りました。
その後、我が家も静岡に引っ越した時にマリンを飼って14年ちょっと。合計20年くらいのワンコとの生活。

頭数としたらパグちゃん、マリン、うみと3匹、、、とまあ、一般的はそんな感じだけど、マリン、うみちゃんに関しては「私の子!」という責任感もあるので、元気で長生きをしてもらうと今も頑張ってます。

ちょうど5年前に、食について、医療について、社会についてを人間側で様々知るとこになり、それがそのままペット業界にもつながり、人間もペットも様々な問題があり、流されてはいかず、自分で調べて(まあちょっと試させてもらってるけど)、そしてマリうみにとって何がベストかを考えるようになりました。

今まではフードだけだった私がこう変わったきっかけは、昔ワンコ友だった方が「毎日同じフードじゃワンコだってツマラナイよね」という言葉と、それから別のワンコ友からは「手作り食や、飼い主と一緒に食べるとワンコたちは顔つきが全然違う」という言葉が印象に残り、そして食の大切さを強く感じたころから、手作り食も始め(えっと、フードも与えてますけどね)ました。

手作り食も最初は試行錯誤と、あれよこれよと栄養とか分量とか考えてたけど、「毎日続けるならば(基本がしっかりしてれば)冷蔵庫にあるもので、家にあるもので」という方向に変わりました。

そして手作り食の他に、マッサージの素晴らしさを知って、マッサージセラピストを取得。

そんな感じで今に至ります。

マリン、うみちゃんとも付き合っていく上で、様々な山はあり(マリンはヘルニア、腰痛、足痛、歯周病、今は口の横に腫瘍?そしてお耳、そして高齢犬。うみちゃんも歯周病、時々腰痛、食糞、飼い主依存、脂肪腫、そしてお耳、そして高齢犬)

時々「本当にこの育て方でよかっんだろうか?」と疑問を感じ、凹んだりしたりしましてます。
ゴールはなく、成功もなく、とにかくその時のマリうみを見ながら今も走ってる感じです。


しかし自分なりに「これはいいぞ!」ということはこうしてブログやSNSを通じて発信しておりました。
特に食は大切な事と、マッサージのよさ、、、そして今は殺処分しない日本を作るにはどうしたらいいかと、、、。。本当はペット業界や医療(薬)についても語りたいけど、まだ知識が不足しているのと、利権がすごく絡んでいてちょっと怖いんです(でもいつかは公開しないといけないな)。



そんな中、友人からのメールで「マリンままの情報は参考になります」「マリうみが元気なのが何よりも証拠」という言葉に、心が熱くなりましたね。

あ、そっか、マリン14歳(自分なりの目標年齢を超えてくれました)。うみちゃんも12歳と頑張ってます。

病院にはあまり頼らず(ちょっとした検査とかは行ってますけどね、薬はあまり飲ませてません)、こうして散歩もできて、ご飯を食べてくれるのは本当にありがたい。

マリうみの生命力の強さが一番大きいけれど、それを私は少しでもサポートできてるかもしれないな、という喜びを感じる事ができました。

とは言っても、これは一人だけの力だけではなく、様々なワンコ友のお影だと思います。


IMG_3299 a.jpg



だからまだまだ模索しながら走って行くけど、私の子育て情報は発信続けていこうと思います。

その情報からもっと聞きたいことがあったら聞いてほしいです。
「くどい」くらい色々いうかもしれませんが、そこから「選択」をしてください。

マリうみには合うけれど、他のワンコには合わないかもしれません。

様々な選択はあった方がいいです。

例えば、、、、マリンの口の横にある2cmくらいのコブは「腫瘍」と言われましたが、私は病院での治療はしてません。それが私の選択でもあるし、そして別の選択でマリンと向き合ってます。
ーが、動物病院を毛嫌いしてるわけではありません。言葉が話せない動物にとって専門家の意見は重要。

ただ何かあった時にそのままエスカレータで、対症療法に行ってしまうのはどうかな?

その前に他の選択もある余裕ある心を持ってほしいです。

そんな選択をこれから発信していこうかと思います。
また沢山の飼い主さんからの情報も得たいと思っております。

まずは今の問題はマリうみのお耳だな〜(苦笑)。
マリンはかなり良くなってきたので、お耳アロマケアはおしまいにしましょう(あとは勝手に良くなって!)。で、問題のうみちゃんはまだかなり痛がってるのでね、、、、もう少しお付き合いになりそうです、、、、。



nice!(1)  コメント(0) 
前の5件 | - つぶやき ブログトップ